【おすすめ】転職成功!6回の転職で本当に役に立った4社のおすすめ転職エージェントと転職サイト!

今さら聞けない?つみたてNISAの基本を徹底的にやさしく解説!

こんにちは。ビルト(@bilt_invest)です。

今回は、『つみたてNISA』について徹底的にわかりやすく解説してみます。

なんだか難しそうだと思ってまだ『つみたてNISA』を利用していない人は、これを機会にぜひ検討してみてください。

結論から言ってしまうと、非常にお得ですので利用しない手はないです。

利用するのとしないのでは生涯に渡って数十万~数百万円の差が出る可能性もありますよ。

はじめての人にも分かりやすく解説!つみたてNISAって何なの?

ピーター

お金の少ない人でもお金が貯まりやすい『つみたてNISA』という制度に興味があるんだ。どんな制度なの?
良いことに興味を持ったね。『つみたてNISA』は、お金に余裕のない人や投資の経験がない人の資産運用には最適の仕組みなんだよ。

ビルト

『つみたてNISA』という言葉。みなさんも、一度は聞いたことがあると思います。

つみたてNISAって結局は何?簡単な言葉で言うと以下になります。

つみたてNISAとは?
  • 年間40万円を上限とした少額での投資制度
  • 期間は20年間でその間に利益がいくら発生しても税金はゼロ。かからない。

年間40万円までの投資額の枠で投資し、得た利益が全額非課税になる制度です。

非課税になる期間は最長で20年と非常に長期です。

仮に毎年40万円を投資したとすると、40万円×20年=800万円の資金を、運用益非課税で投資できることになります。

投資初心者でも大丈夫?つみたてNISAがお金を貯めやすいと言われている理由とは?

ピーター

『つみたてNISA』が投資でお金を貯めるということは分かったよ。でも僕、投資をしたことがないから心配だよ~。
『つみたてNISA』は、金融庁が厳選したプロが運用する投資信託に投資するんだ。ピーター君はその中から選んで投資するだけ。簡単でしょ?

ビルト

つみたてNISAがなぜ投資初心者にもおすすめできるのか?

その答えは、金融庁によって高い手数料が掛かる投資信託や、長期の投資に向かない投資信託は最初から選択できないようになっているところにあります。

そもそも投資信託ってなに?

投資信託とは、『ファンド』とも呼ばれます。

「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」のことを投資信託と呼びます。

簡単に言うと、株式や債券などの運用するプロにお金を預け利益が出たらその一部を頂く。

その対価として、運用のプロに手数料を支払うという構図になっています。

つみたてNISAが初心者にやさしい理由とは?

実はこの投資信託、非常に数が多く日本だけでも6,000種類以上が存在します。

その中には、運用のプロに支払う手数料が非常に高く利益が出にくいもの、長期の投資には向かないものや、20年もその投資信託が継続できるか不明なものなど、初心者には向かない投資信託もあるのです。

つみたてNISAでは、このような初心者には不向きな投資信託を、金融庁が最初から削除しているのです。

『つみたてNISA』は、手数料も比較的低い投資信託から選ぶことができるため、初心者にも利益を出しやすい投資と言えるのです。

お金がない人こそ!つみたてNISAをおすすめする5つの理由!

ピーター

投資ってお金持ちがするものじゃないの?僕みたいな若いお金のないサラリーマンには向かないんじゃない?
いやいや。お金のない若い人こそ『つみたてNISA』を行うことで恩恵を最大に受けれるんだ。

ビルト

つみたてNISAの特徴の1つに、20年という長期間の投資を運用益非課税で投資できるということがあります。

簡単に言うと、20年間利益が出ても全く税金が掛かりません。ゼロです。

これは、非常に凄いことです。

利益が雪だるま式に膨らんでいくと言うとイメージしやすいのではないでしょうか?

つみたてNISAをお金のない若い世代にすすめる5つの理由
  1. 年間40万円が上限なので、まとまったお金がなくても始められる
  2. 投資できる商品が絞り込まられており、選びやすい。
  3. 一度の設定で自動的に積立投資が始まるので手間がかからない
  4. 買うタイミングを悩まなくて良い
  5. いつでも積立てた資産を現金化して引き出せる

1.まとまったお金がなくても始められる

つみたてNISAで投資できる金額は年間で40万円が上限となっています。

月額換算で言うと、3万3,333円です。

ただし、3万3,333円は上限額です。

もちろん、月に1万円からでもOK。

『つみたてNISA』に少しでも毎月支払えることができるのであればやるべきです。

あなたの年収が5年後に増え、年間40万円を積み立てできるようになればその時に増やせば良いだけです。

それまでには月々わずかな積み立てとしか考えていなくても、長期間の投資の優位性を感じることができると思います。

2.投資できる商品が絞られており、選びやすい

『つみたてNISA』は事前に金融庁が、手数料の低さや長期間の投資に適切だと思う投資信託を設定しています。

わたしたちは、その中からしか選べない様になっています。

初心者でも、手数料が非常に高い投資信託や、短期間で終了してしまう投資信託を選んでしまう危険性がありません。

安心して20年の長期投資を行うことができるということですね。

3.一度の設定で自動的に積立投資が始まるので手間がかからない

いわゆる、ほったらかし投資です。

20年間の長期投資を設定していますが、途中で買うことができなかったからそこで投資がストップしてしまうことになります。

ですのでそのようなことがないように、初めに引き落とし口座や積立金額を設定し、投資する商品を選べば自動的に毎月積立を行っていけます。

【いつの間にかお金が貯まっていた】という仕組みつくりは、長期投資を行う上で非常に重要です。

手間がかからず、簡単な設定で対応できるの非常に便利です。

4.買うタイミングを悩まなくて良い

つみたてNISAは、毎月一定の金額で一定額の投資信託を購入する仕組みです。

株式投資の様に、株価を常にチェックして『安くなったから買う』『今は高いから買うのを控える』と言うようなことを行う必要がないのです。

この自動で投資信託を買い続けるという方式、実はメリットがあるのです。

一定額で購入していく場合、価格が高い時はあまり投資信託を買えませんのでデメリットがあるように思えます。

ただし、逆に投資信託が安くなる場合は多く買えることになります。

長期間この方法での買い付けを続け、平均を取ってみると結果的には安く買えていたという効果が現れることが多いとされる投資法です。

この方法は【ドルコスト平均法】と呼ばれ多くの投資家が採用している投資の方法です。

投資期間にもよるので必ず利益がでるとは断言できませんが、購入タイミングを考えずにコツコツ定期的に買っていくやり方は、初めて投資を行う人にはおすすめの方法です。

 

 

 

 

 

●なんで長期等r日が有利なの?

 

インデックス投資信託は157本、アクティブ投資信託が18本、ETFが7本のみとなっています。

 

つみたてNISAとNISAの違いって?

コメントを残す