【おすすめ】転職成功!6回の転職で本当に役に立った4社のおすすめ転職エージェントと転職サイト!

生命保険・医療保険は不要!?無駄な保険に入っている人が多すぎる!

こんにちは。ビルト(@bilt_invest)です。

今回は、人生の5大支出でもある保険について記載しようと思います。

あなたが今、加入しているその高額な保険。

本当は必要ないかも知れませんよ?

なぜ生命保険や医療保険への加入が必要なの?

ピーター

僕、今後、大きな病気にかかるかもしれないと思うんだよ。だから、毎月給料から1万円支払って掛け捨ての医療保険に入ってるよ。今から備えるのが大事だって保険屋さんも言ってたよ。
掛け捨てで1万円って結構な額だね。それ堅実そうに見えて実は良くない選択かもしれないよ?

ビルト

20~30代で高額な医療保険に加入している人が、私の周りでもたまに見かけます。

なぜ掛け捨てで、1万円も支払う保険に入っているのか?

理由を尋ねると、『将来が不安だから』とか『備えておけば安心!』などのぼやっ~とした返事を頂きます。

そんな人に私がすすめることは、保険の解約です。

断言します。

具体的に『病気で働けなくなったらどの程度の収入が減り生きていけない。だからこの保険に入っている』と言えない限りは、民間の保険会社の保険は入るべきではないのです。

保険に加入するのは誰のため?

ピーター

保険屋のお姉さんが、僕のためと言って色々保険をすすめてくれたんだ。いい人だよね~?
良かったね・・・。でもね、ピーター君が保険に入って、もっと喜んでいるのは保険屋のお姉さんだから・・・。

ビルト

なぜ、保険屋のお姉さんは熱心にあなたに色々な保険をすすめて来るのでしょうか?

あなたが好きだから?あなたの将来を想って?ボランティアの精神の持ち主だからでしょうか?

答えは『すべてNO!』です。

はっきり言います。保険屋さん自分自身のためです。

保険屋の多くは契約の契約数に比例して自分に給料も増減する、いわゆる歩合制給与です。

この歩合制のもと保険加入者が不利になっても、いかに保険会社が契約を取ることを第一優先と考えているかが証明された事件があります。

日本郵政が行ったかんぽ生命での不適切な保険販売です。

保険を販売する局員が自分のノルマを達成させるために、契約者が不利益になる契約変更や乗り換えをさせていたのです。

18万件を超える不正が発覚しました。

中には、保険金の支払い拒否など、なんのために加入者がお金を支払ってきたんだ?と思える非常に悪質な内容もありました。

これは、世間を大きく揺るがすほどの大ニュースになりました。

なにせ、社会的に公正なイメージのある郵便局が、組織ぐるみでこのような不正なことを行っていたのですから。

ただ、この事件は、この様な不利益な保険の提案に対して何の検証もせず、何の根拠もなく全面的に信じてしまい契約してしまった加入者の責任もゼロではないと思います。

みなさんが保険に加入するときは、他人のすすめではなく、自分が本当にこの保険が必要だ!と納得した上で加入しましょう。

私の個人的意見とすれば、サラリーマンこそ民間の生命保険や医療保険への加入は必要ないと考えています。

なんで生命保険や医療保険が必要じゃないの?

ピーター

なんで民間の保険に入らなくていいの?入らないほうが将来が不安でしょ?
民間の保険に入らなくても、すでにピーター君は保険に加入しているんだよ。それもかなり手厚い保険にね。

ビルト

民間の保険会社の保険加入が必要でないというと、『なぜ?』という返答を多くの方から頂きます。

その理由は簡単です。

医療保険に入っていなくても医療費は払えるからです。

実は、わたしたちの様に会社勤めをしている人は、民間の保険に入らなくてもすでに保険に入っているのです。

給料明細に記載されている【社会保険】がそれです。

また、サラリーマンでなくとも、日本では、日本国民である限り全員が保険への加入を義務付けられているのです。

自営業やパートやアルバイトの人は社会保険に入れない代わりに、国民健康保険に加入することが義務付けられています。

給与明細を見てください。

サラリーマンであれば給与から強制的に天引きされていますよね?

ピーター

え?社会保険って税金だと思っていたよ。

税金でありません。社会保険は、れっきとした保険です。

あなたが、サラリーマンであれば、実は非常に手厚い社会保険という名の保険に入っていることになるのです。

社会保険だけで十分って本当?知らないだけ!実は充実!手厚い保険!

ピーター

社会保険って保険なんだ。でも公的保険って大したことなさそう・・・。
今から見ていこう。内容は、医療費の負担軽減や労災、失業した時の給付金などだよ。民間の保険は、社会保険のグレードアップ版と考えればいい。

ビルト

社会保険は会社員や公務員、その扶養内の人が入るための保険となっています。

社会保険の中には、おもに次のものが含まれています。

社会保険の主な内容
  • 健康保険・・・病気、医療を受けた際の負担軽減
  • 厚生年金・・・老後の生活の負担軽減
  • 雇用保険・・・労災や失業・育児中に働けない場合などの給付金
  • 介護保険・・・介護が必要となった際の費用負担軽減

これらの保険をひっくるめて社会保険と呼び、加入者が勤めている会社と、加入者自身とで保険料をともに支払っているという仕組みになっています。

健康保険は身近な保険だと思います。

小学生~69歳までであれば、医療費のうち7割を健康保険から支払われ、患者負担は3割で済みます。

たとえば10万円かかった治療を受けた場合でも、実際に支払う額は3万円で済むのですね。

中でも、手厚い保険なのに知られていないのが高額療養費制度です。

高額療養費制度って何?

ピーター

自己負担が最大3割としても、100万円かかる治療は30万も掛かるってことだよね?やっぱり民間の医療保険には入ったほうが良いんじゃないの?
いや。健康保険では患者が支払う上限額の制度があるんだ。ここが最も手厚いと言っていい。保険が適用される医療費が100万円かかったとして、ピーター君の年収は500万円だから、1か月の最大支払い金額は87,430円で済むことになるよ。

ビルト

高額な医療費になればなる程、3割とはいえ負担は重くなるものです。

そんなとき、非常に頼りになるのが高額療養費制度です。

年齢と年収によって金額は異なってきますが、支払う額に上限が設定されるのです。

高額療養費制度の上限額をまとめた表

出展:厚生労働省保険局(高額療養費制度を利用される皆様へ)

ピーター君の場合、年収500万円ということなので、100万円の医療費でも1か月に掛かる費用の上限は、以下の計算で87,430円となります。

計算式:80,100+(1,000,000-267,000)x1%

保険が適用される医療費にのみ適用されますが、この制度は非常に手厚い内容ですね。

また、サラリーマンなのであれば、病気やケガで働くことのできない場合には傷病手当金という給付金を受けることができます。

傷病手当金って何?

ピーター

月の医療費支払い金額に上限額があることは分かったけど、ケガが治るまで働けなったら出費がかさむなぁ・・・。これはさすがに、民間の保険の出番じゃない?
いや。サラリーマンであれば、そんな時には、一定の金額が支給される制度もあるんだよ。

ビルト

病気やケガになり働けなければ、収入は絶たれてしまうでしょう。

せっかく貯めたお金も、出費がかさめば大きな額になり、いつかは底をついてしまうかも知れません。

でも、そんな時のために傷病手当金という制度があります。

サラリーマンであれば「健康組合」や「協会けんぽ」に入っていると思います。

ここから、手当金が支払われます。

具体的には、働けなくなった4日目以降、1日について日給換算の3分の2の金額が支給されます。

期間は支払われた日から通算1年6か月までとなりますが、こちらも非常に手厚い制度ですね。

生命保険には入らなくていいの?

ピーター

生命保険には入らなくていいの?
これも社会保険でカバーできる。そもそも生命保険は、残された家族が生活するのに必要なお金をサポートするいうこと。独身なら生命保険に入る必要はない。

ビルト

自分が死んでしまったら、保険金をいただいても、死んだ本人は使うことはできません。

これは、人間であれば例外なし。当たり前のことです。

なのに、世間にはなぜか、高額な保険金が支払われるように毎月高額な保険金をかけている人がいるんです。

もう一度考えてみてください。

なぜ高い生命保険料を毎月払うのでしょうか?

残された家族のため?でもよく考えてみてください。

あなたと奥さんの共働きの改定で、もし、あなたがお亡くなりになった場合、奥さんは1億円の保険金がなければ生きていけないのでしょうか?

違いますよね?奥さんは働いて、自分の生活費は独身時代と同様に得ることができます。

生命保険の選ぶ場合のポイントは、残された家族に必要なお金が残るのか、残らないのか?で選ぶべきなのです。

また、あなたがサラリーマンであれば、お亡くなりになっても遺族年金という制度がしっかり社会保険に組まれているのです。

仮に、残された家族があなたの奥さんと18歳未満の1人のお子さんなのであれば、年額1,520,855円、月額で126,738円が支給されるのです。(遺族基礎年金+遺族厚生年金)

この支給があり奥さんも働いていれば、1億円の保険金がなければ生きていけない・・・なんてことにはなりませんよね?

社会保険だけで、十分に民間の生命保険の代わりになるのです。

それでもまだ民間の保険に入りますか?

ピーター

なんだか社会保険がこんなにも手厚いとは思いもよらなったよ。本当に民間の保険に入らなくても良いと思えてきた・・・。
結論を言うとピーター君が今、民間の保険に加入する意味はないよ。民間の保険に加入すべきなのは、加入しなければ人生が破綻してしまう人。それ以外の人であれば、お金を捨てているようなものなんだ。

ビルト

厚生労働省の「平成29年 患者調査」によると、退院患者の平均在院日数は29.3日となっています。

これは、医療技術の向上化が今もなお進んでいるため、年々短くなる傾向にあります。

もちろん、75歳以上の高齢者になれば長くなり、平均で43.6日となっていますが、逆に若い15~34歳の場合は11.1日です。

若ければ若いほど、生死に直結する重い病気にはかかりにくいことは、みんさん実感していることでしょう。

また、日本人の3人に1人は癌になると言われています。

ただし、国立がん研究センターがまとめた調査では、現在30歳の人が60歳になるまで、何らかの癌になるのは男女平均でも10%未満と非常に低い確率です。

もちろん、平均寿命も延びに伸びて今や、人生100年時代と言われるご時世です。

これでもまだ、民間の高額な生命保険や医療保険にあなたは入りますか?

ピーター君の場合で、民間の保険に加入し続けるのがお得なのか?見てみよう

ビルト

ピーター君の医療保険の場合
  • 掛け捨てで月に1万円・・・年12万円
  • 現在30歳
  • 20~30歳までの10年間加入し少なくとも100万円を支払う
  • 過去30年入院をした経験なし
  • 保険を利用した経験なし

ピーター

民間の保険に加入しなくても、社会保険の高額療養費制度の適用で支払っても1か月は87,430円が最大・・・。傷病手当金を貰って入院しても平均の11.1日で退院。今、貯金は120万円はあるから・・・。
そうそう!そうやって本当に自分に民間の保険が必要なのかを、誰でもない、自分で考えることが重要なんだ。

ビルト

ピーター

僕の場合、生命保険も医療保険もいらないね。社会保険で全く問題ない。今まで支払った100万円は高い勉強代だと思って、民間の保険は解約することにします・・・。

民間の保険に入らなくてもよい程度のお金を増やそう!つみたてNISAを活用しよう!

ピーター

民間の保険は解約したけど、社会保険にもう少し安心が欲しい僕みたいな人は、どうすればいいの?
民間の保険に加入する代わりに、将来に備えつみたてNISAをおすすめするよ。いざとなったら引き出せるし、節税対策にもなる。使わない手はない。

ビルト

この先、何にお金が必要になるかわからず、あまり資産も多くない若年層のうちは、高額な医療保険や生命保険に入る必要はありません。

資産運用を行い、お金を増やしつつも、いつでも現金化できるという「流動性」の確保にこだわるべきです。

そこでおすすめなのが、つみたてNISAです。

★つみたてNISAの詳細はこちら

似たような積み立てに、自分で老後の年金を投資していくiDeCo(個人型確定拠出年金)もありますが、あまり資産がないうちはおすすめしません。

なぜなら、iDeCoは確かに税金が優遇されていますが、60歳を迎えなければ一切お金を引き出すことができないためです。

iDeCoの口座にはお金があるのに、引き出せずに高い金利のローンを利用する、というようなことになってしまっては本末転倒です。

あまり資金のない人にもおすすめなのが、年間投資上限が40万と低いことです。

ですが、運用益非課税で投資できる期間はなんと20年もあるのです。

40万円×20年=800万円の資金を運用益非課税で投資でき、途中でお金が必要になったらいつでも引き出せる流動性がある!

ここがつみたてNISAの最大のポイントです。

投資に絶対はありませんので、リーマンショック、コロナショックの様なことが起きると一時的に投資した額より評価額が下がることがあります。

ただし、つみたてNISAの場合、運用期間は最長20年もあります。

短期的にはマイナスとなっても、10年、20年と長く運用を続けていけば十分取り戻すことは可能なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サラリーマンなどで、社会保険を支払っている人が、高額な民間の保険に入る必要がないということが分かりました。

もし、民間の保険に加入するのであれば、そのお金はつみたてNISAでの投資にあてましょう。

40万円×20年=800万円もの資金を、運用益非課税で投資できる有利な制度は他にはありません。

★つみたてNISAの詳細はこちら

いつ使うかわからない掛け捨ての保険費用を支払うのか?

それとも、いざとなったらお金を引き落とせ、そうでなければ将来の備えが増えるつみたてNISAに加入するのか?

断然、積み立てNISAですよね?

まずは、みなさんが自分の加入している保険は、本当に必要なのか?を確認してみてください。

掛け捨て保険で、将来必要になるお金を捨てるのではなく、節税対策にもなるつみたてNISAで有利に貯め、資産づくりを加速させましょう。

コメントを残す