情報

お得!ふるさと納税は所得があれば絶対やるべき!

こんにちは!ヒート(@heat_blog)です。

みなさん!『ふるさと納税』してますか!?

結論から言うと、ふるさと納税をしないのって節約・貯蓄的にはかなりマイナスなんです。

この制度、かなりお得で、利用者も年々増えてきています。

ただ、みなさんもニュースなどで聞いたことがあると思いますが今後、どんどん返礼の特典が縮小となされる可能性もあります。まさに今が開始時なんですよ。

もちろん、ヒートももう10回以上はしています。

まずは、ふるさと納税とは何なのか? 何でお得なのか? はたして自分はお得に利用できる条件をクリアしているのか? を紹介していきますね。

ふるさと納税とは

ぱぐっさん

納税ってなんだか難しそう。手続き大変じゃないの?
納税といっても、ふるさと納税は寄付なんじゃよ。

やり方も簡単で、2,000円の寄付でお肉やお米、果物などをお礼として受け取ることができるんじゃ。

はかせ

『ふるさと』という名称がつくんで、転勤している方は自分の故郷への寄付なの?って思う方もいると思います。

転勤族のヒートもそうでした。

でも実際には、自分の住んでいる市町村以外に納税しても全く問題はありません。
北海道に住んでいる人でも、沖縄に寄付ができるというイメージです。

結論

・ふるさと納税とは、日本各地の自治体に寄付をすること。

・寄付のお礼として、その自治体の名産物を貰える。

ふるさと納税をオススメする理由

ぱぐっさん

寄付なのに、なんで節約や貯蓄にオススメなの?

自己負担額2,000円のみで、返礼品として多くの自治体から名産品をもらえるんじゃ。
その上、住民税や所得税の控除(還付)が受けれるんじゃよ。

はかせ

国内の多くの自治体に自分が選んで寄付ができる…。実は、ここがミソなんですね。

多くの自治体では、寄付をして貰うことに対するお礼として、特典を用意しています。

例えば、その地区の名産の海産物や果物、お肉なんかがそうです。
自治体によっては、南部鉄器なんて珍しい返礼品を用意しているところもあります。

ヒートも、毎年お米や豪華なお肉を頂いております。本当に感謝です!

また、ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を
引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

後述しますが、控除上限額は、収入や家族構成によって異なりますのでご注意ください。

結論

・寄付をすると名産品などのお礼を受け取れる。

・税金(所得税・住民税)が控除(還付)される。

なぜ今 ふるさと納税を行うのがいいのか?

ぱぐっさん

おー!確かにお得だね!でも、なんで今がいいの?

自治体がお礼に出してくれる返礼品が今までの量や質のままで受け取れなくなる可能性があるのじゃ。

はかせ

ふるさと納税を取り仕切っている総務省が、『この返礼品は寄付額に対して高額すぎる!』と、該当の自治体に勧告してるんです。

その結果、ほとんどの自治体では総務省が推奨している【返礼品の還元率を寄付額の3割以下に設定】しているんです。

ぱぐっさん

え!?じゃ、もう遅い!?
お得感少ないんじゃないの?
いやいや!そんなことはない。

むしろ、躊躇している間に今後は2割以下に見直しなんて可能性もあるんじゃぞ!

はかせ

そうです。自治体が返礼品の還元率を寄付額の3割以下にしたとしても、ふるさと納税がお得であることは変わりありません。

それどころか、利用しないうちに、返礼品の還元率を寄付額の3割以下という総務省の考えがまた厳格化され、今後、2割以下に見直しっ!!なんて可能性もあります。

似てる事例として、消費税がそうではないでしょうか?
昔は3%だったのに、5%から8%、そしてもう10%になろうとしています…。
10%にUP後、消費税率が下がるなんてことは…考えにくいですよね?

やるなら今がチャンスですよ。

結論

・ふるさと納税を利用するなら、まさに今!

ふるさと納税をしないほうがいい人

ぱぐっさん

これやっぱりスゴくお得だね!!僕も今すぐ申し込むことにするよ!

ちょっと待った!
税金の支払い状況や、寄付する金額によっては損になることもあるんじゃ。良く自分の環境を確認してから申し込むんじゃ。

はかせ

そうなんです。

人によっては、損をする可能性もあるんです。

先に述べましたが、この制度は寄付による税金の控除(還付)です。

なので、もちろんですが、所得税や住民税の支払いがない人には控除(還付)はありません。

税金を払っていない人は、ただ地方自治体へ寄付をするだけになってしまいますので、ご注意ください。

一方、会社員や自営業の方で、所得税や住民税の支払いがあるのであれば、この制度で恩恵を受けることができるでしょう。

まずは、自分はしたほうがお得なのか?を良く調べてから申し込むようにしましょうね。

【注意】ふるさと納税しない方がいい人
・無職の人 無職になった人 今年収入が減った人

・所得税、住民税非課税の方

・年末調整・確定申告をしていない方 など

ふるさと納税の『得する限度額』は?

ぱぐっさん

僕は年間300万の収入があるし、所得税、住民税も毎年支払ってるよ!
税金が還付されるのなら、100万円寄付して豪華に色々もらっちゃおうかな~?

おっと、待った!寄付した額がすべて還付されるとは限らんぞい。
300万の所得なら独身の場合で、2万8千円の寄付が上限じゃの。それ以上は単なる寄付じゃ。

はかせ

ぱぐっさん

・・・。
身の丈に合った額を寄付をします。

ぱっぐさんの考えること、よくわかります(笑)。

ふるさと納税は、自己負担金が2,000円で様々な返礼品を受け取ることができますが、控除(還付)対象となる寄付額は、年間の給与所得や家族構成によって上限があります。

下は参考ですが、同じ450万円の給与収入でも、下記のような違いが起きることもあります。

  • Aさんの場合(独身)
    52,000円を寄付して、50,000円の控除(還付)があるので、実質自己負担金額は2,000円
  • Bさんの場合(夫婦)
    52,000円を寄付しても、41,000円の控除(還付)なので、実質自己負担金額は11,000円

また、寄付額は、年単位で計算されるため、多く支払ったからといって次年の税金の控除(還付)には繰越せません。

【注意】
  • 寄付額は年間の給与所得によって、税金の控除(還付)に上限がある
  • 上限を超えると超えた分は単なる寄付になる
  • 税金の控除(還付)は、次年には繰り越せない

参考:控除金額シミュレーター

税金控除の手続き

ぱぐっさん

ふるさと納税して、豪華な牛肉を受け取ったよ!

わしは、お米と果物をもらったぞい。
ところで、税金控除の手続きはしたかの?しないとせっかくの節約術も意味がないぞい。

はかせ

ふるさと納税は、寄付後に控除申請の手続きをしないと、税金の控除(還付)とはなりません。

この手続きが、面倒くさそう、難しそう…といった理由から、ふるさと納税を利用しない人も多いですが、非常にもったいない!

簡単ですので、サクッとやっちゃいましょうね。

控除申請の方法には、下記の2種類があります。

  • ワンストップ特例申請
  • 確定申告

特にワンストップ特例申請を利用できる方は、非常に手続きが簡単です。

ワンストップ特例申請について

ワンストップ特例申請は簡単に言うと、寄付をされた自治体が、控除(還付)される税金の申告処理を寄付をした個人に代わり行ってくれる制度です。

制度発足までは、ふるさと納税を行う人全員が控除を受けるために確定申告をしなくてはならなかったんです。

非常に簡単で便利な制度となりますので、ぜひ利用してくださいね。

利用できる条件は以下となります。

  • 1月1日~12月31日の1年間で寄付先が5自治体以下の方(寄付回数は関係なし)
  • 確定申告をする必要のない方

以上の2項目に当てはまる方は利用できます。

一般の会社員であれば、確定申告はしない方がほとんどだと思います。
ワンストップ特例申請を多くの方が活用できるシステムです。

やり方はとっても簡単です。

  • 自治体から送られてくる申請書に記載して返送するだけ。
【注意】
  • 申請期日は、ふるさと納税を行った年の翌年の1月10日まで。

 

出典:総務省HP

確定申告について

そもそも確定申告が必要な場合は、主に下記の場合です。

  • 給与が2,000万円以上ある場合
  • 2カ所以上の会社に勤めていて、合計給与が年間で20万円以上ある場合
  • 不動産収入等や副業で、所得金額が年間で合計20万円以上ある場合

一般的な会社員で確定申告が必要な場合の方は、主に下記の場合となります。

  • 高額の医療費を支払った場合(医療費控除)
  • 住宅を購入したり、リフォームした場合(住宅ローン控除)
  • 1年間のふるさと納税の申し込み先が6団体以上の場合
  • ワンストップ特例制度の申請期日に間に合わなかった場合
オススメ

・ふるさと納税は、ワンストップ特例制度が簡単!

控除される時期

控除申請の方法によって異なります。

ワンストップ特例申請

  • 所得税からの控除は行われず、その分も含めた控除額の全額が、翌年度の住民税から控除される

確定申告

  • 所得税分はその年の所得税から控除(還付)され、住民税分は翌年度の住民税から控除(住民税の減額)される

ふるさと納税に申し込む方法

自治体への寄付方法は、各自治体を一つ一つホームページから確認しても申し込めますが、非常に時間と手間がかかります。

集約して検索できるサイトから目的の返礼品を探してから申し込んだほうが時間の節約にもなりますよ。

ヒートは、効率よく利用するためにネットからの寄付をオススメします。

ふるさと納税に申し込んだ後は

おいしく頂いた後は、しっかり税金控除の手続きをしましょう。

手続きは、ワンストップ特例申請と、確定申告があります。

ワンストップの場合、非常に簡単ですのでサクッと済ませちゃいましょうね!

ワンストップ特例申請を利用する場合

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附した自治体へ郵送する事が必要となります。

ここでおさらいですが、ワンストップ特例申請を利用するためには、下記が条件となります。

  • 確定申告をする必要がないこと
  • 1年間のふるさと納税の申し込みが5自治体以下であること

ふるさと納税を申し込む自治体を5か所以内にしなければなりませんが、同じ自治体であれば複数回申し込んでも1自治体としかカウントされません。

5自治体に2回づつの10回を申し込んでも、ワンストップ特例は利用できることになります。

また、ヒートの経験上、「寄附金受領証明書」などと一緒に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を同封してくれる自治体しかありませんでしたが、稀に申請書を送付してくれない自治体もあるようです。送付は、あくまでも自治体のサービスなんですね~。

その場合は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をプリントアウトするなどして、ふるさと納税をした自治体へ送付することを忘れないでくださいね。

申請書データは総務省のサイトや各自治体のサイトでダウンロードできます。

【注意】
  • 1年間のふるさと納税の申し込みが5自治体以下であることを確認
  • ふるさと納税以外に「確定申告」をするものがないことを確認
  • 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送付してこない自治体もある

確定申告の場合

寄付をした翌年の3月15日までに、確定申告を行います。

「確定申告」には、会社員であれば勤務先からの「源泉徴収票」や、寄付先の自治体から送られてきた「寄付金受領証明書」が必要になります。

ワンストップ特例申請の還付とは異なり、すでに支払った所得税が還付されます。

還付金を受け取る銀行口座や印鑑を用意しておきましょう。

最近では国税庁のe-Taxからも確定申告ができます。

【注意】
  • 寄付をした翌年の3月15日までに、確定申告を行う必要がある
  • 源泉徴収票や寄付金受領証明書が必要
  • 還付金を受け取る銀行口座や印鑑が必要

 

年末にふるさと納税をするときの注意

ぱぐっさん

年末にが特に駆け込み需要で込み合うんだってさ!なんでだろ??
それは毎年のふるさと納税期間が12月31日までじゃからよ。
時期的にワンストップ特例制度を利用する人は注意だぞい。

はかせ

毎年のふるさと納税期間は1月1日~12月31日までとなります。

特に気を付けなくてはならないのが、ワンストップ制度を利用する方です。

というのも、ワンストップ制度利用者の各自治体への手続き書類の提出は
翌年の1月10日(必着)となるためです。

12月31日に「楽天市場ふるさと納税」で寄付をしても、自治体からの書面到着は連休明け、1月10日以降に届いた!なんて話もよくあります。

余裕をもって寄付しましょうね。人気の返礼品が、年末にはなくなる自治体も多いです。早めの寄付を心がけましょう。

どうしても年末に寄付をする方で、ワンストップ特例制度を利用する場合は自分で提出書類を作成し、該当自治体に1月10日までに届くようにしましょうね。

【注意】
  • ワンストップ制度利用者は、各自治体への手続き書類の提出が
    翌年の1月10日(必着)となる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昨年、ヒートはお米と伊勢エビをいただきました。

何を受け取れるかって、うれしい悩みですよね!

ぜひ、皆さんがどのような返礼品を受け取っているかも参考にしてみて下さいね!

それでは、また!

コメントを残す