情報

愛車を高く売りたい!1番売ってはいけない業者とは?

こんにちは。ヒート(@heat_blog)です。

日々の生活で必ず車を使用する必要がない人は、思い切って車を手放すことで、多額の固定費が削減できることはお話しました。

固定費を削減しつつ、車好きな人にはうれしい多様な車種を運転できることについても下の記事で紹介しています。

気になる方は、まず読んでみてくださいね。

⇒その車ホントに必要!?意外に高い!自動車の年間維持費用!

皆さんは、自分のケースで見てみるといかがでしょうか!?

ヒートと同じように、車を手放すことのできる人も少なくはないと思います。

ただし、手放すといっても、想い入れのある愛車・・・。

ヒートのように車が好きな人は、大切に手入れしていると思います。

その分、なおさら高く売却したい!と考えるのは普通なことです。

でもちょっと待って下さい!

今回は、いかに自分の愛車を高く売却できるかの前に、1番安くなってしまう避けておきたい買い取り業者を見てみます。

売却先で1番安くなってしまう業者はココだ!

ヒートは10車種以上の車を乗り換えてきていますが、この結論はヒートの経験上、ほぼ間違いありません。

オススメしない買い取り業者はズバリ!カーディラーです!

一番安く買い叩かれます(笑)

なぜだと思いますか?

カーディラーの本業を考えれば、答えは簡単です。

カーディーラーは、買い取りが1番の仕事ではないのです。

1番の仕事は、自社ブランドの車を高く売ることなんです。

そのためカーディラーは買い取り専門店と異なり、売るのが得意な車や海外への輸出などの売却ルート、オプションパーツの販売ノウハウなどをあまり持っていないのです。

また、基本的にディラーでは下取り金額を高くしてしまうと下取りした車を売るのに困るどころか、結果的にせっかく高く売れる自社ブランドカー自体も、安く客に売ることにもなるんです。

このように下取り金額を高くしてしまうと、利益がでるどころか損失を被るリスクが高くなるんです。

ヒートも営業職ですが、こんなリスクを取る営業がいたら失格だと思います。

でも、こんなことを言うと『自分の時は買い取り専門店よりも高く売れたぜっ!』という人がたまにいます。

でも、それは気づかない内にディラーの営業に気持ち良くされているだけなんです。

繰り返しますが、ディラーの1番の仕事は、自社ブランドの車を高く売ることです。

下取りしても高く売れるかどうかも判断つかない車を、リスクを取り高額では引き取りません。

一見、高額な下取り額が提示されたとしても、自社ブランドの車を買ってくれることが条件だったり値引き額自体を少なくして、結果的にはディラーに多額の利益が出るように調整しているんですね。

まとめ

いかがでしたか?

実は、ヒートの周りにもカーディラーで買い取ってもらった、下取りしてもらったという人が多いんです。

このカラクリに気づかない人も多いんですよね。

無意味な査定にかける時間は無駄です。高く売りたいのであればディーラーはやめましょう!

節約はお金だけでなく時間もしなくてはなりませんよ!

人間の寿命は有限です!Time is Money!ですからね!

今回はここまで。では!

コメントを残す