情報

定期預金よりマシに!安全に資産を増やすには?

こんにちは!ヒート(@heat_invest)です。

今回も、当ブログの存在意義でもある貯蓄について話していきたいと思います。

前回は、現在の日本の環境をお伝えしました。

非常に低金利時代でも、安全に資産を増やす方法はあります。

今回は、この方法をご紹介します。

定期預金より増やす方法はないの?

定期預金より増やす方法はあります。

それは、日本国債を買うことです。

現在、2019年の9月です。

メガバンクにおける普通預金の平均の金利で言うと、0.001%となります。

100万円を1年間預け入れて得ることができる利子は、10円という非常に低い金利の状況です。

では、10年の定期預金で見てみるとどうでしょうか?

メガバンクで見てみると金利は0.02%となります。

100万円を預けると10年後には2,000円※の利子がつくことになります。※税引き後

では、日本国債はどうでしょうか?

国債は、なんと0.05%の利子が付きます。

定期預金の2倍以上の金利の国債って何者!?

国債というのは、国の借金の事です。

私が国債を買うという意味は、私が国にお金を貸してあげているということなんです。

国:お金を貸してください。条件として、返す時に利子をつけて返しますから!

国が国債を売っているということは、このようなイメージなんです。

個人向け国債の種類・特徴は!?

個人向け国債は次の3種類あります。

  • 固定金利型3年満期
  • 固定金利型5年満期
  • 変動金利方10年満期

特徴として、個人向け国債は1年間は解約できません。

それ以降は、過去1年間の金利を支払うことで換金することができます。

1年経てば、解約しても元本割れすることはない金融商品なのです。

国債って本当に安全資産なの!?

重要なことですので、はじめに言います。

国債も他の投資も、始めるのは自己責任です。

予期しないことが起きて資産がマイナスとなっても、それは自分の責任です。

『〇〇銀行員が勧めたから』『〇〇証券マンが大丈夫と言っていたから』と、他者の責任にはできませんし、マイナスとなっても、もちろん銀行や証券会社は補償も補填もしてくれません。

その上で国債について話すと、日本国債は日本が国として破綻しない限り返してくれる安全と言われる資産の部類に入ります。

ちなみに、日本が破綻する可能性は次の通りです。

  • 戦争で日本が占領される
  • 財政破綻する

このようなリスクは考えなくてはいけませんが、近々に日本が破綻することは考えにくいですよね。

国債と銀行の定期預金はどっちが安全?

これは、シンプルに考えれば良いと思います。

国と銀行、どちらが先に破綻するか?

こう考えると、国よりも銀行が先に破綻します。

国が破綻しているのに、銀行だけ健全に機能するということは考えにくいです。

日本国債を買っている人は、まず日本という国が破綻することはないだろう・・・と考えて購入しているのです。

ただし、注意が必要です。

海外、特に政情不安な国の国債を買うことはやめましょう。

過去にギリシャが財政破綻の可能性がありました。

その際、ギリシャ国債は非常に高利率となりましたが、それは、国債を返済できないリスクも高まったためです。

復習ですが、いくら国家が発行している国債でも、国が破綻すれば何も残りません。

株式投資で、保有している会社の株が、その会社が倒産したことによって紙屑同然となることと同じことです。

ですので、どこの国の国債でも安全だ!ということではないという注意が必要です。

国債はどこで買えるの?

日本国債は、多くの金融機関で購入することができます。

銀行、証券会社、最近ではネット証券でも購入することができます。

まずは、皆さんが日頃、付き合いのある金融機関に確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人向け国債は、お金を安全に運用したいのであれば無難な金融商品と言えます。

どんな金融商品でも言えることですが、まずは自分自身が納得してから購入するようにしましょうね!

それでは、また!

コメントを残す